メカトロニクスにうってつけの日

ロボット開発や研究活動に関するメモ

2018年度 日本機械学会奨励賞(研究)

 2018年度 日本機械学会奨励賞(研究)を受賞しました。

 

 この賞は、日本機械学会(会員数約3.5万人)に所属する35歳以下の若手研究者が対象で、下記のような人に贈られます。

機械工学または広く産業社会に関わる主として研究上の業績(印刷公表された論文等)をあげた新進気鋭の会員個人.(本人が中心的役割りを果たした業績に限る)

 新進気鋭だなんて、照れますね。ロボメカ部門の表彰委員会から推薦していただいたようです。経歴に書くようなレベルの賞をいただき、大変光栄に思います。「ヘビ型ロボットで梯子を登る」という成果が目立ちやすい研究テーマの恩恵もありそうです。

 

 4月18日に東京で授賞式があり、賞状と立派な盾をいただきました。

f:id:tattatatakemori:20190421190025j:plain

 

また、リクエストがあって研究を1分で紹介する動画を作りました。そのうち機械学会のHPに載ると思います。

 

 下記サイトに2018年度の受賞一覧があります。

www.jsme.or.jp

 

奨励していただいたことですし、今後も研究励みます。

 

Disaster Robotics - Results from the ImPACT Tough Robotics Challenge

 参加した本がSpringerから出版されました。

link.springer.com

 

 ImPACT タフ・ロボティクス・チャレンジの成果を中心に災害対応ロボットについて書かれた本で、"Preparedness for Disaster" という章の "Development of Tough Snake Robot Systems" という節で僕の数ページ書いています。自分が英語の本の一部を執筆するようなことになるなんて、驚きです。著者特典でSpringerの本が安く買えるようになりました。